BLOG

本当に便利になった。

1979年、デビュー当時、東京で初めて目にしたスタジオは、
まるでUFOの操縦室に入ったかのような錯覚を覚えました。

みなさんに説明するならば、ミキサーですね、
スタジオの1/3程を占める横長のミキサーが、UFOの操縦機のように見えたのです。

24個の音を録音できました。
1個に1つの楽器が録音できるのです。

そうして24個に録音されたテープを走らせると、みなさんが聴かれているサウンドになるわけですね。

それは、間も無くデジタル録音となり、コンピュータ制御となりました。
驚きました・・・。
様々なことができるのです。

デビュ当時の24個録音できた機材は、「24チャンネルアナログマルチテープレコーダー」と言います。
それが「24チャンネルデジタルマルチテープレコーダー」となったわけです。

以前は「Mix Down」の時には、数人でミキサー(プロはコンソールと言う)の前に立ち、
例えば、曲の間奏になると

「オレは、ギターを上げる(ボリューム)から、途中から、ASKAはストリングスを下げて!」
「歌中に入ったら、歌詞の『ん』が聞こえづらいので、そこだけ突いて(上げて)」

など、全員が最終テイクに参加します。
誰か一人でも、失敗したら、また最初からやり直します。

それがデジタルとなると、機械が全てを制御しますので、一度覚えさせれば、
そういう上げ下げは、勝手にやってくれるのです。

みんなが、コンソールの前に立つ必要はなくなりました。

そして僕は、これからはアーティストがスタジオを持つ時代になると考え、80年代の終わりに、
友人とスタジオを建設しました。

何のバックボーン(事業協力者)もなく、全く個人で建設しました。

アーティスト初めてのプライベートスタジオでしたので、業界では本当に話題になりました。
ユーミンから矢沢さんまで、ほぼ全てのアーティストが利用してくれましたね。

レコーディング中、アーティストがどのような状態になるかが分かっていましたので、
スタジオの中に、ミーティングルームや小部屋を設けたのです。

現在、この国にあるスタジオの80%以上は、そこがモデルとなったスタジオです。

間も無く、SONYが「48チャンネルデジタルマルチテープレコーダー」を発表いたしました。
元々、「スタジオ経営は黒字にはならない」と言われていましたし、何のバックボーンを持たずでしたので、
多くの方々から、応援していただきました。

SONYは「48チャンネルデジタルマルチテープレコーダー」の世界第1号機を、そこに置いてくれました。

今、僕は、そのスタジオとは関係ありません。

アーティストの音作りが、スタジオから、今の僕の部屋にあるような作業部屋に変わると思ったからです。
パソコンの進化が超加速したからです。

「歌入れ」「Mix Down」まで、部屋でできてしまいます。

もちろん、ドラム、ピアノ、ストリングスなど、それらを録音するスタジオは必要ですので、
それらが行えるスタジオだけが、辛うじて経営できている状態です。

でも、「スタジオマジック」というのは確かにあるんだな。

あの独特な空間でしか思いつかないアイデア、そして、歌というのがあります。
今の若いミュージシャンには、それを知ってもらいたい、体験してもらいたいと思っています。

今、東京には、一番多くスタジオがあった頃から比べると、もう30%も残っていません。
ロックアウト(1日貸し)で、利用する、いや、できるアーティストなどは限られた人だけです。

今、僕は楽曲によって、スタジオが必要か、そうでないかを決めています。

まだ僕は、みなさんが楽曲を買ってくれますので、それがやれています。
もっとも贅沢な音作りがやれているアーティストの中の一人でいれています。

この時代の流れを、そのまま受け入れて行くと、スタジオはほとんど無くなるでしょう。
レコード会社もなくなるでしょう。

本当に改革がなければ、ミュージシャンは育たなくなってしまいます。
音楽に「夢」を持つことがなくなります。

それが、そのままエンターテイメントに反映されます。
楽曲を作っても食べて行けなくなってしまった。

なので、ライブができるアーティストだけが残るのです。

音楽業界が一丸となって元の状態に戻さなくては、先日、引退を発表した「安室」ちゃんなどのような、
夢のあるライブ空間は演出できなくなります。

テクノロジーの進化は、生活を便利に変えて行く反面、
様々なモノを、むしばみ続け、存亡の危機に立たせていることも確かなのです。

そういう発言をしている僕は、そのテクノロジーの恩恵により、
昨日、

「蘇州夜曲」
「予感」

の、2曲のMix Downを終えました。

これからの時代は、

「民主主義」
「社会主義」

この二つが混じった「第三の主義国」で、なくては国を維持できないでしょうね。

「社会主義」「共産主義」

は、決して間違ってはいないのです。
これは、いつか、また日曜日にお話しさせてください。



ASKA(2018/8/30 12:53)

COMMENT

本当に便利になった。のコメント

  • ニックネーム:ccann
    レコーディング風景で見た、ミキサー卓の多きさ、レバーなどの多さに驚いたんです。
    これに、メロディーや歌声が詰まっているんだ⤴️操作してる方を羨ましく思ってました😊
  • ニックネーム:kazumi1224
    それと日曜日のお話も心から楽しみにお待ちしていますよ。
  • ニックネーム:kazumi1224
    追記!
    「蘇州夜間」「予感」ロマン溢れる歌詞とメロディー大好きなんですよね❤💓💕💕
    mixDownによって今の音になるこの2曲心から楽しみで仕方ないですね。
    今の音源のSCENEアルバムも心から楽しみにお待ちしていますよん😉👍
  • ニックネーム:kazumi1224
    テクノロジーの進化。
    生活を便利に変えていく反面、様々なモノを蝕み存亡の危機に立たせている。
    そんな中、SCENEアルバムの再録が順調であることが伝わります。
    「蘇州夜曲」「予感」のロマン溢れる歌詞とメロディー最高に良いですよね。
    この2曲のロマン溢れる歌詞とメロディーにどっぷり浸かりながらよく聴いていました。
  • ニックネーム:kazumi1224
    ASKAさん
    おはようございます。
    今の世の中、本当に便利になりましたよね!
    アナログからデジタルに移行している世の中。
    今や、アナログではない世の中。
    アナログである自分自身もデジタル化について行くのに必死になっている自分がいます。
    black&whiteのMV集でASKAさん自身、インタビューで語られているように…!
    先を見据えて行動を起こされているASKAさん本当に凄いなって思います。