BLOG

不況心得十訓【追記】

世界を牽引した松下電器の「松下幸之助」さんの、

「不況心得十訓」

と、いうのがあります。

1. 不況といい好況といい人間が作り出したものである。
       人間それを無くせないはずはない。

2. 不況は贅肉を取るための注射である。
       今より健康になるための薬であるからいたずらにおびえてはならない。

3. 不況は物の価値を知るための得難い経験である。

4. 不況の時こそ会社発展の千載一遇の好機である。商売は考え方一つ、
       やりかた一つでどうにでもなるものだ。

5. かつてない困難、かってない不況からはかつてない革新が生まれる。
       それは技術における革新、製品開発、販売、宣伝、営業における革新である。
   そしてかつてない革新からはかつてない飛躍が生まれる。

6. 不況、難局こそ何が正しいかを考える好機である。不況のときこそ事を起こすべし。
 
7. 不況の時は素直な心で、お互い不信感を持たず、対処すべき正しい道を求めることである。
   そのためには一人一人の良心を涵養しなければならない。
  
8. 不況のときは何が正しいか考え、訴え、改革せよ。

9. 不景気になると商品が吟味され、経営が吟味され、経営者が吟味されて、そして事が決せられる。
  従って非常にいい経営者のもとに人が育っている会社は好況のときは勿論、不況のときにはさらに伸びる。
  
10. 不景気になっても志さえしっかりと持っておれば、
   それは人を育てさらに経営の体質を強化する絶好のチャンスである。


この「不景気」を、今の「世の中の状況」に置き換えると、
色々な「気づき」がありますね。

昨日、打ち合わせが終わり、
夜、赤坂で食事をしてきました。

ある週刊誌が、

「ASKAは、毎晩のように銀座に繰り出して遊びまくってる」

と、書きましたが、僕はデビューしてから約40年間、
多く数えても10回も行ってません。

赤坂もそうですね。
昨夜は、赤坂の最も繁華街で「蕎麦」を食べてきました。

赤坂に、あれほど「高級韓国クラブ」が、あるとは思いませんでした。
そして、どこも明かりがついていない・・・。

もちろん、まだ早い時間だったからでしょうが、そうとも言えない。
飲食店の明かりもない。
夜の繁華街は、閑散としていました。

いつまで持ちこたえることができるんだろうか・・・。

昨日は、ツアー延期のお知らせをしました。
今、僕には、音楽をやるために、やらなくてはならないことがあるんですよね。

何もかもが繋がってた。
本当にそう思います。


ASKA(2020/6/4 7:11)


追記:

コメント

「確か『六本木で誰々とナンパ!』の記事もあったような気がします」

訂正させてください。
「誰々と」ではありません。

ちゃんと、

「一人で」

です。

「ASKA、麻布の交差点で、アナウンサーをナンパ!!」

です。

あるかーい!!!

残念ながら、我が人生、まだナンパをしたことがないのです。

いつか、
いつかは、してみせます!!(๑•̀д•́๑)キリッ

に、しても、あのアナウンサー、
なんで否定してくれなかったんだろか。

名前も顔も出しておいて・・・。

COMMENT

不況心得十訓【追記】のコメント

  • ニックネーム:Kimi
    まさか狙ってるの、あの女じゃないですよね?あのナイスバディーなwww

    わかる人はわかる。

    また変態扱いだw
  • ニックネーム:つねあき
    たぶん、ASKAさんにナンパされたってゴシップだけでも光栄だから、否定しないんじゃないですかね(*´꒳`*)
  • ニックネーム:ゆと💕
    ASKAさん おはようございます♥️

    はやくお会いできる日がきますように🥺

    今日も元気に✊
  • ニックネーム:Mariko
    PanasonicのCMされてましたね。不況は這い上がるしかないので、災害を嫌でも体験してる日本なら落ち着いて行動できるはずです。
    九州人シャイですから、ASKAさんの初ナンパは照れから入りそうな気がします😆
  • ASKAさんには会えないのは寂しくて仕方ないのでが、ずっと待ちます。