BLOG

スポーツ新聞早いな〜誤解と訂正

僕は、活動において、なるべくスポーツ新聞の取材は受けないようにしてきました。
語りたいこととは違うとこを拾われ、それを見出しにされてしまうことが多かったからです。

先日の取材日、
今日、軒並み記事になってますね。

でも、今回は記者の皆さん、とてもフレンドリーで終始和やかなムードで取材が進みました。

誤解と訂正

C&Aの活動に触れられた時、僕は、

「もう無理ですよ。ないですね」

と、答えたはずなのですが、なぜだか「活動に前向き」と書かれてあった(笑)

「ま、いつかそのような時が来たらやるかもしれません」

とは答えた。

無理なんだ、あの会社が間に入ってるうちは。

取材の後、僕は、うちの女性フタッフに別の部屋に追いやられ、
代わりに、女性スタッフが記者の方々と話をしていました。

誰の取材だよ・・・。

記者の皆さん、うちの女性スタッフ「Vebars(ババーズ)」に圧倒されてた。
ババーズは、C&Aをやらせたくてしょうがないんです。

僕が、

「もう無理ですよ。ないですね」

と、答えた時、

ババーズが、一斉にワーワー声を上げ、それを遮ってましたからね。
昨日の記者の方々、今日の記事ではすごくお気遣いの内容。

しかし、うちのババーズすげぇな。
スポーツ紙の記者さんを抑えてしまうんだから(笑)
スポーツ紙さん、お気遣いありがとうございました。

て、いうか土俵際で「寄り切り押し出し」されてしまいましたね(笑)
と、ジョークが言えるくらい和やかな取材でした。

「優しい人と居ると優しくなる」

これは、僕の歌詞の一節ですが、おべんちゃらでも何もなく、
先日は、本当にそんな空気が漂った時間でした。

「再婚」の質問にしても、
これまたワーワー間に入ってきました。

おいおい、俺はもう64歳だぞ。
アイドルさんじゃないんだし、いいじゃんかよ、普通に話しても。

僕は、ちゃんと答えましたよ。

「今、結婚したい人が5人いる。あ、昨日ひとり増えて6人になりました」

って。

でも、隠すのは無理だよ。
僕は、ライブ中、ステージでプロポーズしてます。
それは、Blu-rayに収められています。

プロポーズするシーンをお客さんも観ていたわけですから。
公開プロポーズ。

取材は、そこじゃない。

「『今だけしかできないライブ』が、しっかりBlu-rayに収められてました。

かけがえのない仲間たちと、第6波をくぐり抜けた全国ツアー。
仲間との結束力、その温度が体感できます。

「しゃーねぇな、観てやるか」

で構わない。

「ヒューマンライブ動画」

ぜひ、ご覧になってください。
あれで、涙を流さない人はサイコパス指数高いと思います(・`ω´・ ●)キッ

本当、最近涙もろくなった・・・。


ASKA(2022/9/16 10:10)


COMMENT

スポーツ新聞早いな〜誤解と訂正のコメント

  • ニックネーム:yuki
    ASKAさん。結婚したい人出来たんデスネ🤗結婚したいと思える人ができるって幸せなことですね☺️でも、ファンとしては、複雑な思いがありますので、秘密は、ヤメテ下さいねそのときには、報告して下さいね…ASKAさん、ブルーレイだと、見れないので、いつか、DVDにしてもらえたら、嬉しいんだけど…って思ってます😉
  • ニックネーム:AZUMI
    ASKAさんの口から「再婚」のフレーズ。
    いくつになっても「結婚したい人」って思える出会いは素敵ですよね~。
    私にもいつかそんな出会いが欲しい!
    まずは自分磨きかな(^^;)
    ASKAさんの曲を聴いて心豊かにしましょ。
  • ニックネーム:LondonW5
    それから 森高さんが 私がおばさんになっても を歌ってる時 ASKAさんノリノリで楽しそうに踊っていて とってもお茶目でした❣️要さんとのトークも流石でした!
  • ニックネーム:ウエディング
    要さんの流石な進行で会場を引っ張てくれました。
    テレビ番組見てる様で楽しかったです。
    ASKAさん🔹帰宅🔹飽てるんじゃないかなって、言ってたけど、毎回違うから毎回聴きたいです。
    今日も別格な色気と、歌声で参りました!🙇
  • ニックネーム:トー
    正直、今日は森高さん目当てで行ったんです。
    もちろん初めて見る森高さんは綺麗でよかったんですが、
    図らずもASKAさんの歌声にやられてきました。
    復帰後、生で聴いてきたどのライブよりも素晴らしかったですね。
    やっぱ凄いわ、この人。
    手で持つマイクの位置も、一人だけおへその位置だし。
    今日はボツになったというあの曲も聴きたかったです。