BLOG

意外に多いんですね。

「突発性難聴」

の方って・・・。

ある医療勤務の方から、厳しい意見も寄せられているようですが、
僕は「この方法で確実に治る」とは、言っていません。

「僕をはじめ、治った方がたくさん居る」

と、お伝えしているだけです。

解明されていない「人間の身体」です。
「椎間板ヘルニア」を煩った医者が、外科手術をせず「カイロ」に行くんです。
「癌」になった多くの医者が、「抗がん剤」を拒否して「サプリ」を選ぶんです。

僕は40年以上、持病だった「副鼻腔炎(蓄膿症)」を、馬油(バーユ、マーユ)で、完治させました。

「もう手術しかないでしょう?」

と、ずいぶん勧められたのですが、「声が変わってしまう」との話もあり、なかなか踏み切れなかったんですよね。

もう10年程前になるのかな。
トロトロに柔らかくした「馬油」をスポイトで吸い上げ、それを鼻に入れ続けまして、約2年程で治りました。

毎年の健康診断で「副鼻腔炎」が指摘されていましたので、完治した年の診断では、医者が驚きまして、
その後、その病院では患者さんに「馬油」の効用を、僕の体験談を交えながら伝えています。

とても名のある、お医者さんなら誰でも知っている大病院です。

そんな経験もあり、僕は、体験談をここでお伝えさせていただいています。
決して医療を否定しているわけではありません。

ただ、

「物事にとらわれない」

僕の生き方の一部分だと受け止めていただけたら幸いです。

この国は「法治国家」ですので「薬事法」によって、いろんなことが制限されています。

「『副鼻腔炎』が『馬油』によって完治した」

本来、この発言は薬事法に抵触するのかもしれません。
しかし、大病院がその効果を認め、お薬を処方した上で、民間療法の効力も伝えている。

僕は、その病院を心から信頼するようになりました。
だって、可能性に目を向けているでしょう?

もちろん、それによって身体に不具合が生じるならば、受け入れることも伝えることもしないはずです。

「突発性難聴」

は、一度なると、癖になります。
現に、僕は10回を超えるくらいなっています。

その度に、自分の方法で治してきました。
友人たちも、みんな治った(それは一過性のことなのかもしれない)。

最近では「ステロイド」を使用するようになったことも知っています。
病院に行くのは最善の判断だと思いますが、

「まず、この方法を試してごらん。僕は、それで切り抜けてるよ。」

僕が伝えたかったことは、それだけかな。


後は、

「アタタタタタタタタタっーーーー!!!」

の、スピード。
これは、意外に重要です。


おはよう。
これから、ワンちゃんのお葬式です。

行ってきます。


http://www.e-fanclub.com/aska/


ASKA

COMMENT

ニックネーム必須
コメント必須

意外に多いんですね。のコメント

  • ニックネーム:はじめーる
    ASKAさんこんばんは。明日医師国家試験受ける医学生です!頑張ってきます。
    そんな学生の知識ですが、突発性難聴は一度しかかからない病気と習いました。繰り返すのであればそれはメニエール病という病気じゃないですかね。とっても症状が良く似ていて、特に初発の突発性難聴とメニエールは区別がつかない程だそうです。
  • ニックネーム:きのこ姐
    なんだって試してみて、効果があればラッキーでしょうに
    民間療法が流行ると、そんなにお医者さんは困るのかしら???
  • ニックネーム:るぅ
    民間療法ってバカにできないです。自分も花粉症を伝え聞いた民間療法で治しました。
  • ニックネーム:ひーさ
    馬油の話は以前、10年くらい前にライブかなにかで話していましたので、周りにすすめたりしてました。以前、自分でも試しましたが、臭いっす。それからしてません。自分は医療に関係する仕事ですが、自分の場合は後鼻漏なので、鼻から鼻水がでなくて、たまりやすいので馬油は効果がないかもしれないですが、鼻から鼻水が出やすい方は、乾燥を防いでくれて、効果があるかと思います。忘れていた馬油(笑)思い出したのでまたすすめてみます
  • ニックネーム:ぽにょ(•ө•)
    ASKAさん、こんばんは(^^)
    土曜日21時からの、世界ふしぎ発見のCMに、キミさん、出ていたよん♪
    ハイエイジ特集だそうです。