MANAGER’S EYE

台湾版紅白「超級巨星紅白藝能大賞」

こんにちは。
マネージャーのデビルです。

昨日の6月9日、1年前の去年、ちょうど台湾公演本番日だったんですね。
あのころがもうすっかりと、懐かしい。

では今回、2019年の年明けに、台湾版紅白に出演した時の小話を。

日本でどんなに動員出来るアーティストだとしても、海外公演を開催するにあたり、
現地でのプロモーションを行わないと、その先に成功は見込めない。

これは、日頃からASKAさんが言っていることです。

2018年のビルボード公演後すぐ、2019年のバンドツアーが皮切りとなりました。
6月のアジア公演に向けて、正直、時間的余裕はありませんでしたが、
約10年振りのアジア公演となるため、どんなにハードなスケジュールになろうとも、
現地での事前プロモーションはしっかり行なおう、と、何度も何度も打合せを重ねていました。

そんなある日、台湾版紅白「超級巨星紅白藝能大賞」への出演の話が舞い込んできたのです。

場所は台北アリーナ。
旧正月大晦日の放送に向けたライブ収録。
台湾の老若男女が見る番組。

「コンサートに向けたプロモーションの主軸になるかもしれない」

満場一致で、台湾版紅白の「スペシャルゲスト」としての出演を決めたのでした。

2019年の年始。台湾に到着。

空港では、現地メディアやファンの方々が大勢出迎えてくれ、
時を経ても遜色ないASKAさんの人気具合を実感するのも束の間、
台湾版紅白「超級巨星紅白藝能大賞」のリハーサルへ。

到着してビックリしたのが、広大な会場に設置された豪華なステージセット。
規模感の違いに、ASKAさん含め、一同ビックリ!
口が自然と開いてしまうって、こういうことなんですね...。

さらに、リハーサルの出番待ちのとき。
当初、2曲テレビサイズ、1曲フルサイズでの出演を予定していましたが、
急遽(しかもリハーサル直前に)、3曲全てフルサイズに変更になるという大騒動。

有難いお話しなのですが、変更になったのがリハーサル直前。
お察しの通り、バックステージは、てんやわんや。
予定外のことが次々と起こりましたが、そこは海外公演。
本番直前での変更ではなかっただけ、良しとしましょう(笑)。

そんなこんなを経て、ASKAさんのリハーサルが始まりました。

大規模なステージ。
豪華なステージセット。
大勢のライブスタッフと無数のカメラ。

さすがのASKAさんでも、少しは緊張するのかと思いきや、
緊張の気配すら感じられず、逆に、壮大なステージに負けない存在感。

ふと、会報用の撮影を頼まれていたことを思い出し、
「この姿は収めておこう!」と観客席に下り、撮影をしようとカメラを構えたところ、
背後から、確実に日本語ではない言語で、
「ちょっと!そこに立っているとASKAが見えないじゃない!」
と言っているであろう声が...。

振り返ると、現地スタッフの人達が、
ASKAさんのリハーサルをノリノリで観ながら、
「見えないから、どいて」という仕草...。

「あのぉ...。私、ASKAスタッフ...。」

と、心の中で思いながらも、
現地の方々にも喜んでもらえているのは正直嬉しいものです。
素直に退きましたよね(笑)。

「はじまりはいつも雨」
「SAY YES」
「UNI-VERSE」

この3曲を本番でも歌ったのですが、
「はじまりはいつも雨」「SAY YES」で合唱が起こっただけでなく、
「UNI-VERSE」でも合唱だったんですよね。
撮影していたカメラマンさんも歌っていたくらいです。

さらに、本番の舞台袖で待機していた時も、
司会をしていたミッキーが、モニターを見ながら大合唱。
モニター越しに、ASKAさんの声を確認したかったんですが、
ミッキーの声しか聞こえないくらい大声で...。

本番前の控え室には、現地ミュージシャンや関係者など、
ASKAさんが休む暇もないくらい、次々と挨拶が続きました。

10年振りに訪れた台湾でも、ASKAさん、ASKAさんの音楽は、
多くの人々に愛され受け継がれていることを、改めて感じ得た日。

そんな、台湾版紅白「超級巨星紅白藝能大賞」の出演映像です。
お時間ある時にでも、再度ご覧いただければと思います。



デビル(2020.6.10)


ASKA「超級巨星紅白藝能大賞」出演映像