第175回「ASKA Terminal Melody」〜リクエスト特集

2024.06.09

音楽

本日は

「In My Circle」「YAH YAH YAH」「青春の鼓動」「歌になりたい」

の、4曲でした。


その中から「青春の鼓動」をと思ったのだけど、以前、書いてたような気がするな。

高校、黒か紺のコートしか許されてなくてね。

でも、僕はどうしてもベージュのコートが着たくて、校門が見えてくる手前で、そのコートを脱ぎ、カバンに詰め込んだ。


   嫌いな先生の写真を貼って ボコボコになるまでダーツしたっけ 


ここはフィクション。

作品を彩るため、そして絵が浮かぶよう楽しみながら書いた。


今日は「In My Circle」を。

これは、アルバム発表後、好き嫌いが真っ二つに分かれたアルバム「Kicks」の中の1曲。

後に、この「Kicks」が俄然挽回して、人気アルバムになったわけですが。


「クラブミュージックとロックの融合」を掲げた、僕にとっては珍しくテーマ性を帯びたアルバム。


そんな中でも、ほんのりする曲を入れておきたくてね。

僕は、子供の頃の情景が、きっと他の人よりも鮮明。

「ガタゴト揺れる電車」も。

こんな電車だった。


    にしてつWebミュージアムより転載


で、色はこうなのです。


これは、塗り替えたばかりの電車ですね。

時々、綺麗になるんです。


そして高校?くらいからこうなった。



今も、夢に出てくるのは茶色の方の電車だね。


福岡は、天神から大牟田(おおむた)まで、この路線が1本だから、この路線のことを「西鉄大牟田線」という。


「普通」「急行」「特急」の停車駅さえ知っていれば、乗り間違えることはない電車です。


でも、夢のなかでは、乗り間違えて困ってる。

知らない駅名が現れ、聞けば複数の路線ができたという。


「あー、そう言えば誰かそんなこと言ってたなぁ。これ急行?どこで停まるんだろう?ずいぶん長い時間乗ってる気がする。困ったな。この時間、戻りはタクシーしかないな」


なーんて夢ですね。

もっと複雑な時もある。

東京に43年間住んで、結局電車の乗り方も覚えずだったので、福岡時代のシンプルな電車(路線)を求めてるのでしょう。


   歩道の端を落ちないように歩くのが好きだ

   腕を広げて 片足ごとに 僕バランスで


この歌詞を書き上げたのは、ロンドンの一室。

その日、どうしても歌詞を書き上げたい気持ちが強く、プロデューサーの松本晃彦にスタジオを任せ、ひとりフラット(マンション)に残って書き上げた。


なぜ、「電車」が登場したか。

おそらく間奏のサウンド。

「ピッピピッピ」と、バックグラウンドで鳴ってる、あの哀愁。

あれだったと思います。

そこから、この歌詞が広がったのでしょう。



リハーサル中、その「歩道の端を〜」を歌ってる時、ベーシストの荻原基文(メッケン)がポロリと涙を落としたのを松本が見つけ、


「メッケン、泣いてる!!」


と、言いながら松本も(笑)

みんなそうなんだよな。

自分の人生、危なっかしくもバランスをとりながら何とか歩いてるんだよ。


ASKA(2024/6/9 13:55)

コメント
  • higonoice

    いつもterminalMelodyは携帯で聞いてるのですが、今回は出かけており、道の駅のスピーカーから流れてきて思いがけず嬉しかったです。
     西鉄に乗って天神へ向かってるときは、青春の鼓動が頭の中に流れることが多かった大好きな一曲です(^^)

  • ハニカムカタカムナ

    ピッピ!
    あの音効いてますよね〜♪
    アレンジの一端が歌詞に影響する事もあるんですね。
    歌詞もメロディも各楽器の音も、影響しあって、一つの作品としての世界感を創ってるんですね。

  • テリー

    私も大好きな曲です。
    誰しも心の中に残っている風景や描写や…重なる想いがあるんですね〜
    何年経っても色褪せない。
    やっぱりASKAさんの曲ってすごいと思います!

  • アンテナちゃん

    西鉄福岡(天神)駅を通ると青春の鼓動が脳内再生します🎵😆
    C&Aが西鉄福岡(天神)駅、電車ジャックしたのを思い出します🚃その場にいた方達がすっごく羨ましかったなぁ~😆

  • 滋賀のみね

    素敵なリクエスト特集でしたね🎵
    私も何度かチャレンジしてますがまだ、採用されてません😅
    YAH! YAH! YAH!は最近ドラマがTikTokだったかで紹介されているのを見て改めてドラマの世界観にぴったりな楽曲だったなと思いました!
    司馬Dr.役がASKAさんにオファーあったと
    か⁉️ライブで皆で拳をあげるのを楽しみにしています♥️

  • あぢゃ

    ASKA様。

    現実と、嘘の話繰り返してしまい、大変申し訳ありませんでした。
    結婚する彼は、何も、知らない事です。
    私、1人が巻き起こしてしまった事件です。

  • taka

    kicksは、発売当時から大好きなアルバムです。
    ASKAロックを堪能できる傑作ですよね。
    In My Circleは、誰もが情景を浮かべられる歌詞ですし、懐かしさも感じられ、
    誰もが同じ気持ちになる曲だなぁと思います。
    次のツアーで、kicksからの選曲があったら嬉しいですね。
    どの曲も大好きですのでね。

  • あぢゃ

    ASKA様。

    私は人生のバランスを崩していました。
    夢だったアーティストさんのライヴ、夢だったASKA様のライヴに、七夕に結婚する彼と、ASKA様の同情ひいて、前のほうの席に、座りたかっただけです。
    嘘ついてしまって申し訳ありませんでした。
    ライヴには、もう行きません。
    ASKA様には、近づかないので、どうか許して欲しいです。
    許されるのであれば、もう少しだけ、ファンクラブに入ってて七夕の生配信だけが見たいです。その後、ファンクラブは、退会しておきます。

    ASKA様いつまでも、お元気で。
    本当に申し訳ありませんでした。

  • シンデレラ

    今週は、特に振り幅の大きい4曲でしたね。

    全部大好きです。

    60代のASKAさんが、『青春の鼓動』を歌ったら、あっという間にタイムスリップできますね。

  • けれど空は青

    「In My Circle」。誰もがそれぞれのCircleの中で、それぞれの人生を生きているのですよね。その円が重なり合うことで、人の希望や幸せは広がっていくのだと思います。
    かけがえのないご縁を大きな円にして、力強く歩み続けていくASKAさんの人生。その円の中に、Fellowsとして重なり合っていられて心から幸せです。

    私も7歳の次女も大好きな「In My Circle」。車の中で聴きながら、「何を死ぬまで言えたらいいの?」って問いかけてくる次女に、わかりやすく説明するのは難しく、ASKAさんの曲を聴く中で、まだわからない、まだ理解することのできない、様々な歌詞の意味や問いかけの答えは、これから大人へと成長していく日々の中で、そしてその先の長い長い人生の中で見つけていくのだろうと思います。子供の頃から、ASKAさんの音楽と共にある、自分がそうであるように…。

    壁にぶち当たった時のヒントも、どんな難題の答えも、ASKAさんの歌の中には、ASKAさんの生き方の中にはあると思ってます。

    最後の言葉。涙が出そうです。
    綱渡りのような人生。そして、そんな世の中。バランスをとりながら歩く、ぐらつく足元をそっと支えてくれているのは、私には今日もASKAさんの音楽。ASKAさんの存在です。

    宝物のようなブログをありがとうございます。

    今日も幸せでいてください✨
    最愛のASKAさんへ✨